HOME > 院長ブログ > 不妊治療の鍵を握るラクトバチルスについて

不妊治療の鍵を握るラクトバチルスについて

性成熟女性の腟内には、ラクトバチルスという善玉菌が豊富に存在します。善玉菌は乳酸や抗菌物質を産生し、病原性細菌などが増殖できないよう酸性の環境を作り、感染症から腟を守っています。

 

更に、最近では子宮内にも腟内由来の善玉菌が存在することが知られています。

 

今回は、腟および子宮内の善玉菌の意義と善玉菌を増やす可能性がある「フォルテ」について説明します。

 

不妊と腟内・子宮内の善玉菌の関係を調査した研究によると、正常な場合、子宮内の細菌環境は着床期間中通じて安定に保たれていますが、善玉菌の割合が低下した場合、体外受精患者さんの妊娠率、着床率、妊娠継続率、出産成功率が低下した、との事です。

 

このことから、子宮内の善玉菌の減少が不妊原因の一つと考えられ、善玉菌を増やすことが不妊治療の一つとして注目されています。

 

大部分の子宮内膜炎は腟からの上行感染であり、起因菌として連鎖球菌・ブドウ球菌・大腸菌・嫌気性菌などが挙げられます。

 

妊娠期にこれらに菌が絨毛や羊膜に感染すると、絨毛膜羊膜炎と呼ばれる重篤な感染を引き起こし、早産の原因になることが知られています。

 

通常、切迫早産の治療は子宮収縮抑制剤を使用しますが、下腹部痛や性器出血、頚管長短縮などの管理が困難であるケースも少なくありません。そのため、切迫早産になる前の絨毛膜羊膜炎、頚管炎の段階で、全身的な抗生剤投与を行なうことがありますが、その有効性は証明されていません。

 

さらに、絨毛膜羊膜炎、頚管炎に進行する前に、細菌性腟症の段階で診断された場合は、腟内洗浄や抗生剤であるフラジール腟錠(善玉菌は攻撃しません)の挿入を行ないますが、あくまでも腟内環境の改善が目的であり、子宮内の環境改善の効果については不明です。

 

ラクトバチルスは腟内に多い細菌の種類で、嫌気性および通性嫌気性菌の増殖を防ぎ、健康な腟内細菌叢の恒常性を維持します。ラクトバチルスには、菌同士の栄養素の競合、腟のpHの低下、免疫の調節、および生理活性化合物の産生を行う機能があります。

 

あるクリニックの臨床試験では、ラクトバチルスの占有率が80%以上と80%未満の2群に分けて解析したところ、ラクトバチルス 80%以上の群の患者当たりの妊娠率は61.3%に対し、ラクトバチルス80%未満の群の妊娠率は40%で、妊娠成績に有意差が認められました。

 

腟内・子宮内の善玉菌増加対策として、ラクトバチルスを人工的に補充するフォルテが注目されています。

 

当院では、ICF治療と併用して、フォルテのサプリメントも提供しており、多角的な方面より妊娠率向上アップを目指しています。

院長 大森 真友子
治療のご相談・ご予約はこちら
24時間365日電話対応 TEL:03-6811-1396