HOME > 治療法

治療法

ICF治療により、短期間(約8週間)で身体全体と精子・卵子を健康的に活性化させます。
副作用のほとんどないケミカルを使用しない療法で、多くの成功実績を積んでいます。


1精子・卵子の強制活性化で妊娠成功率を飛躍的に向上

精子・卵子の強制活性化で妊娠成功率を飛躍的に向上

身体全体の自然治癒能力を向上させつつ精子や卵子内のミトコンドリアが活性化させるため、加齢や生活習慣に基づく精力の減退や精子・卵子自体の衰えの回復を目指します。無精子症など物理的に妊娠が困難な条件ではなく、特に「原因不明」による不妊に最適で、不妊治療でお悩みのご夫婦が受けられた結果、高い確率で半年以内に妊娠に成功されています。他の体外受精と並行して行う事でも、体外受精・着床の成功率の大幅向上が期待できます。

2ICF治療の特徴

ICF治療の特徴

注射のみ
(症状によっては天然成分由来の身体にやさしい服用剤や食事療法も)

一般的なケミカル不使用成分の注射液なので副作用ほとんどなし

平均週1回の8週間のメインの注射治療(状態によってのオーダーメイド方式)と補助治療

ICF治療の特徴

3期待される効果

精子・卵子の強制活性化で妊娠成功率を飛躍的に向上

不妊の問題あるご夫婦対象に実績ベースで治療後半年以内に高確率で妊娠に成功されています。
(無料カウンセリングをお受けの方には実績数値をお伝え致します)

他の医療機関での体外受精治療との併用でも妊娠成功の確率上昇が期待されます。

医師 大森 真友子
治療のご相談・ご予約はこちら
24時間365日電話対応 TEL:03-6811-1396